読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうして亀は黄色い腹?

イエローベリータートル(キバラガメ)の飼育日記と忘備録です。亀と共に自分も成長していければなと思っております。

新たな同居人?

つむぎ飼育14日目の目処辺(めどべ)です。

 

ガチャガチャでモンキヨコクビガメのフィギュアが当たったので、陸場にセットしてみました。

 

f:id:medvegenco:20170224124354j:image

すげえ、違和感がねえ。

 

ってことで、つむぎとご対面。

 

f:id:medvegenco:20170224124620j:image

お、興味持ってるじゃねえか。

 

ちょっと離れたとこに置いてみた。

 

f:id:medvegenco:20170224124741j:image

 

f:id:medvegenco:20170224124754j:image

 おお、寄ってくる。

 

水槽の中に入れてみた。

 

f:id:medvegenco:20170224124849j:image

 

f:id:medvegenco:20170224125231j:image

おおお、近付いて鼻先ツンツンしてる。

 

隠れ家に入れてみた。

 

f:id:medvegenco:20170224125431j:image

 

f:id:medvegenco:20170224125613j:image

 

 f:id:medvegenco:20170224125628j:image

 

f:id:medvegenco:20170224125926j:image

 

f:id:medvegenco:20170224125158j:image

めっちゃ馴染んだ。

 

まさか飼い主の俺より先にフィギュアに慣れるとは思わなかった。なんか切ない。

 

ちなみにこの後フィギュアは取り除いておきました。

 

 

 

 

くそっ

つむぎ飼育11日目とんで12日目の目処辺(めどべ)です。

出来るだけブログは毎日更新していきたいなと思ってたんだけど、無理だね。うん、無理だ。

ちょっと私生活がバタバタしたらブログ更新って出来ないもんなんだね。なめてたわ。

 

ってことで今日のつむぎどーん。

 

f:id:medvegenco:20170222073706j:image

 

相変わらず餌はがっつかないものの、俺がやった餌はその場で一粒ニ粒は食べてくれるようになった。これは俺に慣れてきた証拠だよな。

 

基本、俺がつむぎを呼んだり、見てたりする時は隠れ家に引きこもってじーっとしてるんだけど、じゃあ俺が見てない時って何してんだろってことで隠れてつむぎの様子観察したら甲羅干し始めやがった。

 

 

f:id:medvegenco:20170222073741j:image

 

お前、それ俺がいる時にしろや。亀の甲羅干しって亀飼育の醍醐味ちゃうんか。

 

くそっ、可愛い。

 

つむぎの甲羅干しに癒されつつ、つむぎもしばらくはこの体制でじっとしてたんだけど、急に180度方向転換し始めた。あれ?もしかしているのバレた?水に戻る?って思ってたら、

 

 f:id:medvegenco:20170222074833j:image

 

 f:id:medvegenco:20170222075110p:image

 

f:id:medvegenco:20170222075206p:image

 

めっちゃリラックスしてるぅぅううう!!!

 

こいつ、俺がいてないと思って、くそっ、くそっ。

 

くっそ可愛いなぁ。

 

その後はリラックスタイム終わって、また隠れ家戻って寝てました。

 

f:id:medvegenco:20170222075436j:image

飯を食え、飯を

つむぎ飼育10日目の目処辺(めどべ)です。

 

相変わらず餌にがっつかないつむぎですが、食欲がないという訳ではなさそう。

昨日は朝に14粒、夕方に14粒の計28粒の餌をあげたのですが、俺が餌やってる時は知らん顔してるくせに、俺が見てない間に完食してる。どんだけ俺のこと嫌いなんだよ。

 

しかし、今朝は違った。水換え後にいつものように餌をやろうと「つむぎ、ご飯だよ」って声掛けたら、隠れ家から出てきて、俺の指目掛けて首を伸ばし始めた。

 

f:id:medvegenco:20170220065842j:image

 

つむぎと出会って10日目。やっと俺との距離が縮まったと思った。正直、めちゃくちゃ嬉しかった。

 

f:id:medvegenco:20170220065714j:image

 

f:id:medvegenco:20170220070935j:image

 

f:id:medvegenco:20170220070018j:image

 

でも、なんか様子がおかしい。餌には目もくれず、俺の指ばっか追いかけてる。

 

f:id:medvegenco:20170220065921j:image

 

違う、わかった。こいつ昨日食ったエビまたもらえると思ってやがる。俺に対してじゃねえ、エビに対しての態度だこれ。

 

昨日初めて食べたエビの味が忘れられないだけだ。

 

俺の予想通り、つむぎはエビがないとわかると「あーあ、顔だして損した」みたいな感じで隠れ家に戻って行きやがった。せめて一口くらい餌食えや。

 

もう、なんだよ。縮まったと思った距離は俺の勘違いかよ。ほんと、いつになったら届くんだ俺の想い。

 

f:id:medvegenco:20170220070442j:image

 

 

初めてのエビ

つむぎ飼育9日目の目処辺(めどべ)です。 

 

f:id:medvegenco:20170219073818p:image

 

最近は、自分から陸場に上がって甲羅干ししてる姿を見かけます。よかった。

ただ、餌に関しては思ってたより食べてない。全く食べないって訳じゃないんだけど、一粒一粒を時間かけてチビチビかじってる感じ。俺のイメージだと亀って餌にがっついてバタバタ手足動かして「もっとくれ」みたいにねだるイメージだったんだけど。

もしかして餌が旨くないのか?それとも浮上タイプの餌は食べにくいのか?

 

やっぱり亀飼育の醍醐味は餌やりだと思う俺は、もっといっぱい餌を食べてほしい。そして餌くれダンスなるものを見せてほしい。

 

ってことで、今日はつむぎ一週間突破記念にエビをあげてみることに。生エビはちょっと怖いから、ボイルしたエビを。

 

さぁ、どうだ。

 

f:id:medvegenco:20170219073656j:image

 

f:id:medvegenco:20170219073643j:image

 

f:id:medvegenco:20170219073707j:image

 


うわぁぁあああああああ!!!

めっちゃ食うやん!!

 

さらにもう一個。

 

f:id:medvegenco:20170219073757j:image

 

f:id:medvegenco:20170219073750j:image

 

f:id:medvegenco:20170219073759j:image

 

ひぃぃいいいいいいい!!!

めっちゃ食うやん!!

 

結果、エビ4欠片程、ペロッと食べました。

お前、めっちゃ食うやん。

 

やっぱりいつもやってる餌がダメなのか。でも新しいの買いに行く時間ないんだよなぁ。早くても明日以降だな。

 

それまで待て。

 

一週間突破からの初の陸場上がり

つむぎと出会ってから一週間が経過した8日目の目処辺(めどべ)です。

 

ですが、まだつむぎ自身から陸場へ上がってるところをまだ一度も見てません。強制甲羅干しの時に強引に陸場へは上げていますが。

 

もしかしてレイアウトが悪い?上がりたくても上がれないのでは?と考え、スロープを設置

 

f:id:medvegenco:20170218070540j:image

 

これでどうだ?これならば「陸場へ上がれないんで仕方ないじゃないですか」とは言えまい。

 

f:id:medvegenco:20170218070834j:image

 

早速スロープに興味を持ち始めた様子。

陸場の方へ泳いで回り、なるほどここに繋がっているのかと言いたそうな様子。

 

f:id:medvegenco:20170218071127j:image

 

そうだよ。そこに繋がってるんだよ。さぁ、早く陸場に上がって、甲羅干ししな。

 

さぁ。

f:id:medvegenco:20170218071313j:image

 

さぁ。

f:id:medvegenco:20170218071313j:image

 

 

さぁ。

f:id:medvegenco:20170218071400j:image

 

えぇぇえええええええ!! 

 

前足の力だけで前半身まで上り、腹を支点としたてこの原理でカタンと陸場に上がりやがりました。お前なんで一回スロープ確認しに行ってん。

 

しかも、すげぇ慣れた感じで上がってたから、俺が見てない時は普通に上がってたみたい。俺の悩んでた時間を返せ。

 

亀を初めて飼育し、一週間。便秘に悩まされたり、甲羅干しに悩まされたりとしながらもなんとか一週間を突破しました。このまま1カ月、1年、10年と健やかに育ってほしいです。

 

ちなみにスロープで上がるのは下手くそでした。

f:id:medvegenco:20170218071629j:image

強制甲羅干し対決

つむぎを迎えいれてから7日目、目処辺(めどべ)です。

 

昨日はつむぎを強制甲羅干ししたおかげで大量のウンチをかましてくれた。

 

なので、今日も朝から強制甲羅干しさせます。やり方は昨日と同じでつむぎを陸場へ置き、水に戻ろうとしたら手でブロックというやり方。

昨日はこれで悪戦苦闘した末、敗北しましたが、今回は俺が勝たせてもらいます。

 

f:id:medvegenco:20170217073748j:image

こんな余裕の表情してられんのも今のうちだぜ。

 

まず、水槽内の陸場の配置を変え、水に戻るには一方向からしか戻れないようセッティング。これで俺は一方向だけブロックすればよいという算段。

 

昨日の闘いで俺が成長したところをつむぎに見せてやろうと思います。

 

で、いざ強制甲羅干しスタートしたら、つむぎは早速水に戻ろうとするのでブロック。

次に方向を変えて、水に戻ろうとするもそこには壁。

「あれ?おかしい。昨日はここからも水に戻れたのに、なんで?なんで?」といった感じで水槽の壁に頭をグイグイと押すも、水に戻れない。ついに悟ったのか、おとなしく甲羅の中に閉じこもりました。

 

よし、勝った。どうだ、人間様の知恵をナメるなよ。

 

と、ブロックしてた手をその場から離すと、つむぎが猛ダッシュかましてきた。こいつ、一瞬の隙を狙って!?

 

でも、即ブロック。

残念でしたーとつむぎを見ると、強引に指と指との間に体を入れ込んでくる。アメフト選手かお前は。

 

 しかし、想像以上に力が強い。お前、ベビーちゃうんかとツッコミたくなるくらい強い。でも、ここで負けてはいけないと、奥の手を使うことを決意。出来るならこの技だけは使いたくなかったが、仕方ない。

 

ブロックしてる反対の手で甲羅つかんで陸場に戻しました。

 

で、手を離した瞬間、また俺の手に猛タックル。お前そのガッツどっからくんねん。

でも、奥の手発動。つむぎの甲羅つかもうとしたら体ひねって斜め45度の壁走りみたいな体制でタックル続けてくる。この体制になられると、こっちは陸場が邪魔で上手く甲羅を掴めない。しかも、角度を変えて捕まえようにも、俺がレイアウトを変えたせいで、壁が邪魔して思うように水槽内に手を入れることが出来ない。

 

ま、まさか、つむぎの奴、最初からこれを狙っていたのか!?

 

結果、つむぎのタッチダウンが決まり、俺の負け。

強制甲羅干しは20分くらいしか出来なかった。

 

f:id:medvegenco:20170217075155j:image

水に戻るや否や、すぐ隠れ家に入っていったつむぎ。

 

一つわかったのは、この闘いで成長してるのは俺だけじゃなかったということ。

ついに出たぁ!!

つむぎ飼育6日目の目処辺(めどべ)です。

2日目〜3日目と比べて餌を食べる量がかなり落ちているつむぎ。でも、食べないって訳じゃなく、2〜3粒は食べてる。

やっぱりウンチしてないのが原因か?この3日間ウンチを見てない。亀は日光浴して餌を消化するって聞いたから、やっぱり甲羅干し不足なのかも。

 

つむぎを手で掴み上げて水槽内の陸場へ。

 

f:id:medvegenco:20170216065706j:image

 

ってことで、強制甲羅干し開始。

 

でも、環境変えてストレスになっても嫌なので、水槽内で強制甲羅干し。このまま干してくれればそれで良しだし、水に戻ろうとしたら、俺が止めればいいだろう。

 

って考えてたら、つむぎが早速水に戻ろうとするので、慌てて俺が手でブロック。

 

つむぎもブロックされるとビビって一旦甲羅に閉じこもるんだけど、隙を見てダッシュで水に戻ろうとしてくる。

 

すかさず「させるかぁ!」とブロック。また甲羅に閉じこもり隙を伺うつむぎ。

で、またダッシュで水に戻ろうとするので、ブロック。甲羅、ダッシュ、ブロック、甲羅……。

 

と、延々とこの闘いを繰り返した。最終的に、つむぎが頭だけ甲羅に入れて突進してきた時は笑ってブロックしそこねた。それはずるい。

 

まぁ、でも合計1時間くらいは干せたかな。って、つむぎ見たらウンチしてるぅぅううう!!

 

f:id:medvegenco:20170216073149j:image

 

f:id:medvegenco:20170216073222j:image

 

心なしかドヤ顔に見える。けど、これで心配だった便秘はひとまず安心。

 

初めての強制甲羅干しの結果は、試合に負けて勝負に勝ったってところですかね。しかし疲れた。